お薦め

入園・入学のタイミングに合わせて支払われる学資保険

子供ができ大きくなると、学校に通うようになりますよね。
親が共働きで産休や育児休暇を取って、社会復帰が決まっているママは保育園にすぐに預けることになります。
早い人では、一歳前からすでに預けて働いている人もいますよね。

また妊娠や出産を機に仕事を辞め、専業主婦になり育児と家事に専念しているママもいます。
そんなお子さんたちが一番最初に学校に行くのが、保育園や幼稚園です。
通わせる時期は人それぞれですが、3年保育か2年保育で入園することが多いです。
初めて学校に通うので、願書などいろんなことを準備しなくてはいけません。

この時に初めて教育費というものの負担が始まります。
保育園の場合、入園費はかかりませんが、毎月の保育料が収入によって負担額が変わります。
幼稚園の場合は、まずまとまったお金として入園費が必要になります。
園によって異なりますが、私立の幼稚園や教育熱心な園は入園金が10万以上のところもあります。
それ以外にも教材費、雑費、制服費などが加わると、思った以上の出費が重なります。

これが小学校・中学校・高校・大学とすべてにおいて入学金・通学に必要な雑費など多くの教育費がかかります。
年齢を重ねるごとに負担も多く、部活動や塾など学校以外での教育費も加算されてきます。
教育費の中でも毎月支払われるものに関しては、毎月の生活費の中で確保できれば問題はありません。
でも入学などの節目には、まとまったお金が必要になります。
これらを毎月のやりくりのなかから貯蓄しなければいけません。
また自分で貯金していると、今月は厳しいからと甘えができてしまいます。

そんな時は学資保険を利用すると、確実に必要な時に応じて教育費を受け取ることができます。
以前は学費の負担が多い、高校・大学に重点が置かれていました。
しかし最近の学資保険には、幼稚園入学から大学入学までの、すべての入学時にお祝い金が給付されます。
もちろん賭け金によって異なりますが、教育費の足しになることは間違いありません。
計画的に貯めることもできて、返還率も高いのでお勧めの学資保険です。
こちらのサイトには、祝い金以外の保障も充実している学資保険を紹介しているページがありました。参考になさってみてください。