お薦め

なぜ銀行の定期積み立てや財形貯蓄ではなく、学資保険を希望するのか?

学資保険は、幼い子供を持つ世代が必ず検討する保険の一つです。
子供一人につき社会人になるまでにかかる教育費は、最低1000万以上かかるといわれています。
これが中学から大学まですべて私立を選択した場合、2000万以上といわれいます。
これらの教育費をいざ必要な時に、準備できるかできないかが不安に思う点ではないでしょうか。

教育費に関しては、大きく分けて二つあります。
それは、毎月かかる習い事や学習に必要な教材費などです。
もうひとつは、受験や入学時に必要な教育費です。
これらを同時にためなければいけないのです。

今では教育にお金を費やす家庭がとても増えています。
だからこそ、毎月の教育費とは別に、教育費をためるのはとても大変です。
教育費として自分で管理して、銀行などで貯蓄すればいいのですが、学資保険の需要が高いはなぜでしょうか。

まず学資保険の一番のメリットは、http://xn--ruqz4zs43b2di.biz/gakusihokentojibunn.htmlにもかいてありますが契約者が万が一のことがあったときに、契約時と同じ満額を支給してもらえるということです。
これが普通の貯蓄との一番の違いです。
ほとんどの家庭で契約者は、一家の大黒柱になります。
その大黒柱が、元気に働いてお給料をもらうことで、貯蓄もできます。
しかし、大黒柱がいなくなってしまった場合、収入がなくなるわけです。
なので、定期預金や財形貯蓄はその時点で、教育費として継続して貯蓄するのが難しくなります。

学資保険の場合は、契約者が死亡した時点でまず払い込みが免除となります。
さらに契約した時と同じ条件で、満額を受け取ることができます。
なので、もしものことがあっても、教育費に関しては心配がいらないということです。
これは非常に助かります。大黒柱に万が一のことがあった場合に備えることは、酷なようですが、大切です。
万が一に備えて、遺言の書き方も参考になるので、是非ご覧ください。


もうひとつは、銀行や財形にあづけていても現在は金利がとても低いです。
同じお金を毎月教育費としてためるのであれば、将来的に手にする額が多い学資保険を選ぶ人が多いです。
さらに学資保険の場合は、特に教育費としてお金がかかる時期に合わせて、一時給付金という形で支給されます。
金額などは、プランによって様々です。
入学時には、まとまった費用が必要になります。
そんな時に備えて、計画的に受け取れるのは安心ですよね。

また自分で貯蓄するのが、苦手な人にもお勧めです。
契約すると、毎月決まった額が引き落とされます。
なので今月は貯蓄するのをやめようなどという、甘えがない分強制的でもきっちりためることができます。

こちらのサイトの、学資保険と貯蓄の違いについて解説も大変わかりやすいので是非ご覧になってみてください。

人それぞれメリットに感じる部分は違ってきます。
賢く学資保険を選ぶことが大切です。