お薦め

高校入学の際に「学資一時金」を大学入学時から4年間受け取れる学資保険

子供が生まれていろんな不安が生まれてくると思います。
その中の一つに、教育費があげられます。
特にここ数年の厳しい経済状況の中で、明日はどうなるのか不安な状態です。
そんな中、長期間にわたって教育費が必要となります、
そんな教育費をどのように貯めていったらいいのかと、頭を悩ましている人が多のではないでしょうか。

さらに今の世代の子供たちのほとんどは、義務教育終了後、高校、大学と進学する人がほとんどです。
教育費が長期間になるのと同時に、特に大学では必要な教育費が数百万単位になります。
一番負担がかかる時期でもあり、兄弟、姉妹の年齢が近ければ教育費が2倍3倍とかかってきます。
数百万のお金は、すぐに用意できる金額ではありません。
だからこそ子供が小さいころから、計画的に教育費として貯蓄する必要があります。

貯蓄をするのにあたり、とても便利なのが学資保険です。
3歳までに加入するhttp://www.governmentgrantsetc.com/3years.htmlととてもお得だと言われています。
貯蓄型の学資保険を選択すれば、払い込み金額より多い教育費を確保することができます。
学資保険の魅力の一つは、返還率の高さです。
特に低金利の現在では、銀行に貯蓄して得た利子よりも多くの金額が満期の時に得られます。

さらにhttp://www.arinko.jp/kotukotu.htmlにも書いてあるように、学資保険は教育費が目的なので、必要に応じて必要な平均的な金額を受け取ることができます。
最初に負担がかかる高校入学の際に学資一時金が支払われ、大学在学中に毎年4年間給付金を受け取れるプランもあります。
具体的に説明すると、例えば学資保険の満額受け取り金額が、300万円で設定しているとします。
その場合、高校入学のときに50万、大学入学のときに100万、大学2年から4年まで50万ずつで、計300万となります。

受け取りの方法は、保険会社によって様々です。
なかには、10万単位で受け取り金額を設定できる場合もあります。
その場合においても一番負担がかかるであろう時期に、教育費の足しになるように支払われるのは安心ですよね。

大学に入学した場合は特に、毎年の授業料はもちろんかかります。
それ以外にも、一人暮らしで仕送りが必要になることもあるかもしれません。
また子供が留学したいと希望してくるかもしれません。

どのようなかたちで 教育費が負担が増えるかわかりません。
だからこそ、最低限の教育費は子供が小さい頃がから、きっちりと貯めておきたいですよね。
こちら 学資保険の資料一括請求の解説も、保険会社選びの参考になさってみてください。