お薦め

「学資保険」と「定期積み立て」の決定的な違い

小さい子供がいる世代の大きな悩みの一つに、教育費があげられます。
今の子供たちの多くが、大学進学もしくは専門学校などに進学するケースが増えています。
なので、これから大きくなっていく子供のための教育費の負担は、昔に比べて多くなってきています。
さらに小さいころから、英語やピアノや野球などの習い事をする子供もとても多いです。

そう考えていくと子供が小さくても大きくても、つねに教育費はかかってきます。
さらに上限もないので、子供がやりたい、親がさせたい習い事があればある程、教育費としての出費も大きくなります。
そんな子供たちの希望をかなえてあげられるだけの経済力がある家庭は、なんの問題もないと思います。
しかしこの不景気の時代に、給料が減ったり、ボーナスがカットになったりなど厳しい状況の人のほうが多い世の中です。
なので余計に子供の将来を考えると、不安になる方が多いのではないでしょうか。

そんな不安に備えるという意味で、ここ数年で学資保険を検討している人がとても多くなりました。
実際加入している人も多く、周りの人が入っているから、未加入な人も焦ってってしまうほどです。
しかし教育費をためるという点では、毎月の引き落としなら定額貯金などで貯めてもいいのではと思いませんか。
ここまで学資保険にこだわったり、ニーズがあるのにはわけがあります。
それは普通の預金とは違い、学資保険には大きなメリットがあるからです。

それは、契約者がもし万が一の状態になったとき、保険料が免除になり、契約通りの満額は支給されるということです。
この場合の契約者は、ほとんどが家計の中心人物が多いです。
もしその契約者がなくなった場合、収入がまずなくなります。
そうなったときに、定額貯金では本来ためなければいけない養育費に満たないという状態が起きてしまいます。

学資保険の場合では、契約者が死亡した場合、その時点でまず学資保険の支払いが免除になります。
そして契約当初に決められたプランで、支払い続けた場合と同じ金額を受け取ることができます。
なので、確実に教育費を確保することができます。
これが一番の定額預金や財形貯蓄と学資保険の違いです。
学資保険のプランにいよっては、死亡以外でも高度な障害が残った場合、などでも免除になることもあります。
これは、各会社の学資保険によって様々なのでしっかりと確認しておきましょう。
またhttp://www.supermariopartysite.com/tam.htmlのサイトにも詳しく掲載されています。