お薦め

学資保険は積立方法の一つにすぎない

日本はほかの国に比べて、保険大国といわれています。
保険の市場はとても広く、幼い子供から老人まで、幅広い年代が加入しています。
それは日本人の国民性もありますが、安心した生活を送りたいという気持ちの表れだと思います。
もし万が一何かがあったときに、保険が役に立つと考えている人が多いと思います。

様々な保険のなかでも、幼い子供がいる世帯が必ず悩むのが学資保険です。
加入を悩んでいる人の話を聞くと、みんなが入ってるから、なんとなくといったあいまいな返事が多いようです。
学資保険とひとくくりされていますが、各社様々な特徴があります。
その特徴と自分が思い描く保険の理想とが、一致しなくてはいけません。

人昔のように、保険にいくつも入るような余裕がある家庭は少なくなってきています。
だからこそ慎重に選ばなくてはいけません。
数年ほど前から、子供に対する死亡保険の限度額も500万までと定められています。
だからこそ、むやみやたら入るのではなく、自分の人生プランにあった学資保険を選ぶ必要があります。

http://fabunfunded.com/contents.htmlにも書いてあるように、学資保険には大まかに分けて、二種類あります。
まず一つは、貯蓄型の学資保険です。
この保険の特徴は、貯蓄を目的としているため、返還率が高いというところです。
支払いの方法や満額をどのように受け取るかによっても、返還率が変わってきます。
多いところでは、120パーセントに近い返還率もあります。
こちらのサイトの、貯蓄性を重視している学資保険についての解説ページも大変参考になりますので、是非お読みになってみてください。

もうひとつは、保険型の学資保険です。
掛け捨てではないので貯蓄もされ、満期になったときの支払いもあります。
しかし、入院保険や通院、そして手術などの掛け捨ての保険料も含まれています。
なので、毎月の支払の合計より満額の金額が少なくなってしまいます。
貯蓄だけを目的にしているのであれば、損してしまう結果になってしまうのです。

保険に入るときは、自分が何を望んでいるのかをまずは、明確にしましょう。
そしていつぐらいに、どのぐらいお金が必要になってくるのかを考えておきましょう。
あくまで、学資保険に加入したから、何もしなくてもしなくてもいいというわけではありません。
学資保険も教育費の一部として考え、計画にゆとりができるように貯蓄をしておきましょう。
特に教育費に関しては、上限などはありません。
だからこそ少しでも余裕があるほうが、将来安心して生活することができますよ。

こちらに人気の学資保険を比較したサイトがありますので、ご覧ください。