お薦め

「学費積み立てプログラム」の選択肢を整理

人生において、結婚して、妊娠して、出産して子供を授かっている家庭は多いと思います。
親になって気づくことですが、ここまで親に不自由なく育ててもらったことに感謝の思いでいっぱいです。
小さな赤ちゃんを社会に送り出せるぐらいの大人に育て上げるということがどれだけ大変かが身にしみて感じます。

しかし、母親の世代から言わせてみれば、子供が小さいうちしかお金はためられないから、今のうちとよく言われます。
それは子育てを振り返ってみて、改めて感じたことだからではないでしょうか。
まだ子供が小さい段階では、正直どれだけのお金がかかるのか分かりません。
しかし、いざ必要な時には子供のために必要なお金を用意してあげられるようにしたいとだれもが思いますよね。

そのためには、まずそれだけのお金がいつ、どのようにして必要になるのかを知ることが大事です。
今では子供の中学、高校、大学など進学が公立か私立かを選択すると、どのぐらいの教育費がかかるのか計算もしてもらえます。
そしてその金額を、どのような形でためるのかを考えます。
貯め方は様々です。
毎月定額貯金する人もいれば、会社の財形でためる人、学資保険でためる人など選択肢はたくさんあります。

その金額と、夫婦の年齢をもとに計画を立てていきます。
各家庭により、経済環境も異なりますし、必要経費も異なります。
なので教育費として必要な額を設定して、貯蓄計画を立てるという人もいます。
他には、毎月の生活の中で支払える金額を決めて、教育費としていくら準備できるのかで決める人もいます。

保険会社によっても、様々なプランがあります。
例えば、幼稚園から大学まですべての入学のときに、一時お祝い金が支給される学資保険もあります。
他には、負担が最も大きくなる大学入学を基準として、教育費をためるプランも学資保険にはあります。
中には、高校の入学で受け取る一時金を、受け取らずに大学入試の時まで先送りにすることができる学資保険もあります。
そして払い込み年数や支払い方によって、返還率も変わってきます。

人によっては、子供が小さくてお金がかからないうちに、学資保険を5年や10年で払いきる人もいます。
また子供が大きくなって、共働きになってから、学資保険に加入する人もいます。
それは、自分がどのタイミングに教育費を必要とするのかを、人生の計画表とともに考えることが必要です。
まずは、学資保険の内容をプランごとにしっかり把握しておきましょう。
そしてどのプランが自分の人生計画にあっているのか、検討してみましょう。
こちらに学資保険を選ぶときのポイントが載っているので、参考にしてください。

学資保険と同じように最近人気のあるものにインプラントというものがあります。
こちらのインプラント治療について詳しく書いてあるサイトがありますので参考にしてください。